明宝ハム 会社案内 工場見学

明宝ハム工場へようこそ!

おいしいハムができるまでの工程をご紹介します

解体工程(1)

1. 解体工程(1)
ここは「お肉の解体室」です。
国産豚のフレッシュなモモ肉の脂やスジをきれいに切り分けて、細かく解体していきます。
ここで切り分けられた、ハムに使用しない脂とスジはそれぞれソーセージとして利用され、どちらにも利用できない材料は飼料・肥料として再利用されます。

解体工程(2)

2. 解体工程(2)
熟練した技で毎日約2トンのお肉を捌(さば)いていきます。
スジの入っている場所や包丁を入れる場所を覚えるのに1ヶ月以上、全ての作業が出来るようになるまで3ヶ月以上かかるのです。

解体工程(3)

3. 解体工程(3)
お肉のひとかたまりから全て手作業で脂とスジを切り分けていきます。
日本全国には約1,500社のハム工場があるといわれていますが、ここまで丁寧に細かい作業をしている工場はあまりありません。

解体工程(4)

4. 解体工程(4)
工場内では作業服にも衛生管理を徹底しており、毛髪や体毛の混入を防ぐため耳や首までを隠して、あまり肌を露出しないよう注意しています。
もちろん工場入場時には粘着ローラーや吸引装置を使い毛髪などの付着を取り除いております。

 解体工程(5)

5. 解体工程(5)
工場内は常に冷蔵庫のような温度に保たれているため、足が冷えるのを和らげる工夫をしています。

 解体工程(6)

6. 解体工程(6)
ここでは手作業で解体されたお肉を均等な大きさに切り分けていきます。

製造工程(1)

7. 製造工程(1)
ここは「ハムの製造室」です。
解体室で細切りにしたお肉を約1週間、一定温度に管理された冷蔵庫内で熟成させます。
熟成後のお肉は企業秘密の調味料で味付けされ、ミキサーで攪拌されます。

製造工程(2)

8. 製造工程(2)
ここでは攪拌されたお肉を2台の充填機で1本1本丁寧に充填します。
力の入れ具合が難しく、慣れないと中に空気が入ったりフィルムが破れたりしてうまくいかないのです。

製造工程(3)

9. 製造工程(3)
1台の充填機で1日フル稼働で約2,000本生産することが可能で、工場全体では約4,000本生産できます。

ボイル殺菌工程(1)

10. ボイル殺菌工程(1)
ここは「ボイル殺菌室」です。
ここで安心して召し上がっていただけるよう加熱処理をします。

ボイル殺菌工程(2)

11. ボイル殺菌工程(2)
ここで加熱処理をしたハムを冷却層で冷却します。
冷却には工場敷地内の地下水を利用しております。
地下水は約15度で年間を通して温度変化が少ないため冷却水に最適です。

検品工程(1)

12. 検品工程(1)
ここでは殺菌処理されたハムを1つひとつ型から外して検品していきます。

検品工程(2)

13.検品工程(2)
1本ずつX線検査機に通して、異物の混入が無いかをチェックしていきます。

検品工程(3)

14.検品工程(3)
内容量が規定の範囲内におさまっているのかを計量検査します。

検品工程(4)

15.検品工程(4)
最後にもう一度1本ずつ目視にて検品作業を行います。

出荷

16. 出荷
出来上がったハムは東海三県を始め、全国のお客様のもとへお届けいたします。

明宝ハム工場隣接のショップをご利用下さい

明宝ハムにお越しの際はぜひお立ち寄りください

ショップ工場を見学(※)して楽しんで頂いたあとは工場隣接のショップにて、できたてのハムの味をお買い求めいただけます。
※夏季(7月1日〜8月17日)と冬季(11月10日〜12月末)は都合により工場見学は休止しております。

クリックしてこのページをプリントアウト クリックしてこのページの最上部へ