安心・安全宣言!

手作りのこだわり

おいしい味の秘密は、手間ひまを十分かけた工程にあります。

国産豚モモ肉を厳選して使用おいしい明宝ハムを作るにはまずよいお肉からです。明宝ハムは豚のもも肉で作っておりますが、その工程でいちばん手間がかかるのが肉の解体作業です。細かい筋の1本1本まで取除きます。写真をご覧いただくと分かりますが、完全に肉だけにします。
この作業は明宝ハムにとっては重要な作業です。

ハム作りの重要な工程は今でも人の手作業です

豚モモ肉の解体工程1

人間の手で手間ひまかけて、モモ肉の脂や筋をきれいに切り分け、細かく解体していきます。
ここで切り分けられた脂と筋はそれぞれソーセージとして利用され、どちらにも利用できない材料は飼料・肥料として再利用されます。

豚モモ肉の解体工程2

熟練した技で毎日2トンのお肉を捌(さば)いていきます。
筋の入っている場所や包丁を入れる場所を覚えるのに1ヶ月以上、全ての作業が出来るようになるまで3ヶ月以上かかるのです。

豚モモ肉の解体工程3

お肉のひとかたまりから全て手作業で脂と筋を切り分けていきます。
日本全国には約1,500社のハム工場があるといわれていますが、ここまで丁寧に細かい作業をしている工場はあまりありません。

クリックしてこのページをプリントアウト クリックしてこのページの最上部へ